​北陸連合会功労賞・谷本一夫賞(論文部門・演題部門) 

日本臨床細胞学会北陸連合会学会賞に関する細則

 

会則18条による,日本臨床細胞学会北陸連合会表彰規定を定める.

1.目的

 本会の会員で,北陸地方における臨床細胞学の発展に,特に寄与した者を表彰するために設ける.

2.対象者

 功労賞は細胞診業務に15年以上従事しかつ15年以上の本会会員歴を有する者のうち,本会の検査士育成と学術向上に貢献し,会の発展につくした者.また,谷本一夫賞は本会に所属する者のうち,細胞診に関する顕著な学術業績が認められた者.

3.推薦および選考の方法

 1)各県学会は,それぞれ各年度1 名以内の候補者を推薦し,学会賞選考委員会が選考する.

 2)推薦には,所定の推薦用紙を使用し,各年度の8月中頃までに,各県会長が学会賞選考委員会(北陸連合会事務局内)あて推薦する.

 3)学会賞選考委員会は,会長,副会長および会長が指名する若干名の幹事により構成される.

 4)学会賞選考委員会は,推薦された候補者の中から若干名の受賞者を選考し,役員会の了承を経た後に,当該年度の学術集会時に,受賞者に伝達する.

4.表彰に伴う経費

  表彰に必要な経費は,各県支部が均等に負担する.

5.細則の変更

  本細則の変更は,役員会の承認を経なければならない.

附則

 本細則は,平成8年8月24日より実施する.

 平成15年9月14日一部改訂

 平成18年9月23日一部改訂

 平成27年9月6日一部改訂

 

「功労賞候補者選考に関する細則」についての申し合わせ

                

1.細則 3.3)功労者選考委員会の構成は,会長(委員長),副会長 2 名および会長が指名する若干の幹事として総務 1 名(書記),各県支部所属の指導医幹事各1名および細胞検査士幹事各1名,の合計10名とする.

2.細則 3.4)受賞者は,平成9年度は3名程度,平成10年度以降は2名以内とする.

3. 細則 3.4)受賞者は,平成12年度以降は3名以内とする.

4.細則 3. 1) 各県支部内で,推薦された候補者が2名以上となった場合は,推薦者に確認のうえ,支部長の判断で1名に調整する.

附則

 平成8年8月24日役員会で了承.

 平成12年9月10日申し合わせ改訂.

 平成18年9月23日申し合わせ改訂.

「谷本一夫賞」についての申し合わせ

 

1.本学会では故谷本一夫先生から寄附をいただいたことを受け、先生のご意向を踏まえ「谷本一夫基金」を設置することとし、同基金による「谷本一夫賞」を設立する。本賞は、北陸地区における臨床細胞学の学術的活性化を目的とする。

2.毎年、論文部門1名と演題部門1名を選出する。受賞者の選考は、毎年度の学術集会で開催される学会賞選考委員会で行う。

3.受賞資格

【論文部門】

 (1)応募前年度内に誌上発表された、査読のある細胞診関連論文の筆頭者である会員。

 (2)応募前年度内の日本臨床細胞学会総会もしくは秋期大会において、シンポジウムやワークショップで発表を行なった会員。

【演題部門】

(1)本学会学術集会において発表された一般演題発表者のうち、幹事による投票により優秀演題として選出された会員。

 

 4.論文部門の応募は、指定の推薦書による申請により選考する。なお、自薦他薦は問わない。

 

 5.各受賞資格について同年度内に複数の応募があった場合は、選考委員会で調整する。

 

 6.受賞者には賞状および副賞(論文は2万円分、発表は1万円分の図書カード)を授与する。なお、副賞にかかる経費は谷本一夫基金から拠出する。

 

7.演題部門の受賞者選出において、幹事による投票で1位が複数名となった場合、2名であれば副賞は5千円ずつ、3名以上であれば、選考委員会で2名に絞りこみ、5千円ずつを授与する。

 

附則

 平成29年9月24日役員会で了承

 平成30年9月9日一部改訂

 令和元年9月8日一部改訂